カードローン審査

カードローンの審査はどうなの?

カードローンの審査を行う際には、「他のローン」の契約状況についても重要視されます。
他のローンの返済状況はどうなのか、延滞はどうなのか、総借入額はどうなっているのかなどなど、他のローンの情報から得られることというのは非常に多いんです。それではどんなローンの契約の仕方をしているとカードローン審査にどのような影響をもたらすか、という例を見てみましょう。
まず「一つの会社から少額を借りているいる場合」ですが、これはたいていカードローン審査には影響を与えませんが、あまりいい印象を与えないのは事実ですね。そして次に「一つの会社から大きな額を借りている場合」ですが、これはカードローン審査に良い影響をあたえる場合もあるんです。大きな額を借りられるというのは信用があるということだからです。そして次に「複数の会社から借りている」という場合ですが、これはカードローン審査に非常に悪い影響をもたらします。複数社から借りるということは信用がなくて大きな額を借りられないからなのではないか、という印象を与えますからね。
このように、他のローンの状況は、カードローン審査にも影響をもたらします。審査が通らない時にはそのような要因も考えてみてください。
クレジットカードには、ショッピングをするクレジット機能とキャッシングを利用できる機能がついていますよね。
いろいろな出費が重なってしまった時や高価な買い物をしたい時など、必要な時にクレジットカードのキャッシングを利用できるのは手軽でとても便利です。実際、キャッシングは低金利なので私も時々クレジットカードキャッシングを利用します。
その時気をつけないといけないと思う点があります。それは、あくまでもお金を借りているわけですので、利息が発生します。どのくらいの金利で利息がつくのかというのもクレジットカード会社やカードの種類に寄っても変わってくるということです。さらに返済方法によっても利息の負担額は変わります。